心理カウンセラー・メンタルコーチ
吉田佳奈 Kana Yoshida
1981年 神奈川県生まれ

一般社団法人日本産業カウンセラー協会会員 産業カウンセラー
国家資格キャリアコンサルタント
米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー

得意分野は、自己否定や自分責めを手放して自己肯定感を取り戻す、共依存を手放す、インナーチャイルドの癒し、幸せなパートナーシップを受け取る。
カウンセラーの傍ら、フリーランスで企業広報や広告制作関連の仕事を行う。

私はこんな声の人です。お話できるのを楽しみにお待ちしております。

こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。

自己肯定感が著しく低かった私は、中学・高校生の頃には日記に「私なんて生きている価値がない」と書き殴るほど暗い日々を過ごしていました。その後は心身症気味になり、同級生からは「破滅的な人」と言われることも。社会人になっても仕事もプライベートも上手くいかず、「同じネガティブなパターンを繰り返す」というループにはまっていました。独立するまで何社も経験しており、仕事も何がやりたいのか、どうなっていきたいのかもよく分からず、恋愛では父親(後述)の姿が重なって「助けてあげなきゃ」と「好き」を混同するこじらせを発動。このまま人生終わりたくない。根本的に変わりたい。子供に引き継がず私で断ち切るんだ。そんな過剰な気負い方で、やると決めたらとことん、十数年間で500回以上ものカウンセリング・セラピーを受けました。

カウンセリングやセラピー漬けの日々が始まってしばらく経った頃、リーマンショックでの失業と身内の死が重なり、ついにメンタル不調で入院するまでに至った私。2年間ほど体調も感情も安定せず、まったく働けなかったため、経済的にも大ダメージを受けてしまいました。退院後は、カウンセラーや主治医をはじめ多くの方々に助けられ、ついに完全復活することができました。復職したての時は連日吐き気でフラフラで、記憶もよくとんでいました。一時は一生薬を飲んだほうがいいと言われていたのですが、メンタルコントロールができるようになり、通院も投薬も完全に必要なくなってもう何年も経っています。

復職してからも、休職期間があることや転職が多いことなどがコンプレックスな上に、もともとの過剰適応や繊細さから「他人の目を異様に気にする」「他人の期待に過剰に応えようとする」「過剰に気を遣いすぎる」という状態に陥り、苦しくなることも。再度カウンセリングで自分と向き合う日々が続き、「毅然とした態度でNOと言える自分」「自分を大切にできる自分」「他人と健全な境界線を引ける自分」を取り戻すことができました。

それからは仕事が楽しくなってしまい、ちょっとずつ成功体験を積めるようになりました。経営層と直接折衝するような大きなプロジェクトを任せていただくなど、だんだんと自信がついてきたのを覚えています。親友と話していると、本来、私には天真爛漫でお茶目な一面があったなと思い出すこともありました。

思い返せば、私の自己肯定感の低さは、父親とのコミュニケーションがうまく取れなかったことに起因していたと思います。父はコミュニケーションの取り方が独創的(とでも言いましょうか)で、とても真面目で仕事もできる人でしたが、繊細でアーティスティックな感受性の持ち主。突然起こる感情の爆発を前にいつも不安でいっぱいでした。私にとっては、「助けてあげなきゃいけないか弱い存在」だったのかもしれません。30代になり、私が変わることで父とのコミュニケーションも改善しました。他人は変えられないが、自分は変えられると理解できたのもこの出来事があったからです。また、私自身いろいろな病名がついたものの、HSP的な気質もあるのかもしれないなと思っています。

やっと人生が落ち着いてくると同時に、湧き上がってきた想いは「助けていただいた恩返しがしたい・・・」というもの。メンタル不調になる前は、おそらく家族を助けたい気持ちだったのでしょう、臨床心理士を目指して勉強をしていた時期や、カウンセラー養成スクールに在籍していた時期もありました。その時の気持ちが蘇ってきたのです。

再度カウンセリング・NLP・コーチングのトレーニングを受けたものの、実践を始めるまでは随分と時間を要しました。自分が苦しかった頃に助けていただいた方々を思い出しては、本当に私にもできる?もう自分の問題は昇華できている?中途半端にはできない・・・という厳しい自問自答が長く続きました。「そろそろ癒す方に回ったら」という師の言葉をきっかけに、WEBサービスにて実践を開始。当初は就活生や転職志望の方などキャリアコンサルティング領域で活動していました。

現在は女性専用カウンセリング「ボイスマルシェ」公式カウンセラー活動を中心に、よりメンタルケアに寄ったサポートを行っています。

中小企業にインナーブランディングや採用広報の支援をご提供していた経験から、リーダー層のメンタルケアにも力を入れていこうと思っています。

主な経歴:デザイン事務所、総合広告制作会社(Copywriter/Director)、人事コンサルティング会社(Director)等を経て独立、現在に至る。

▼私はこんな声の人です(*^_^*)
お話できるのを楽しみにお待ちしております。